バッグ

ポール・スチュアート【Paul Stuart】のバッグの特徴と買取相場

Pocket

Paul Stuart(ポール・スチュアート)のバッグの特徴は落ち着きあるエレガントさで、20~40代と幅広い年齢層の男女に人気の商品です。

一つひとつのアイテムに個性がある

Paul Stuart(ポール・スチュアート)は1938年にアメリカのニューヨークで誕生したブランドです。

現在では世界各地に店舗を拡大し、世界的なファッションブランドとして知られるようになり、日本にも大勢のファンがいます。

多くの著名人がPaul Stuart(ポール・スチュアート)のアイテムを愛用していることを公言していることからもその人気ぶりが窺えますが、同ブランドがリリースしているバッグも高い人気を誇っています。

Paul Stuart(ポール・スチュアート)と言えばスーツを思い浮かべる方もおられるでしょうが、実は多彩なバッグアイテムをリリースしているのです。

Paul Stuart(ポール・スチュアート)のバッグは上質さとエレガントさを兼ね備えたデザインが特徴で、さまざまなデザインのバッグをアイテムとしてリリースしていることも特徴と言えるでしょう。

一つの素材ですべての商品を賄うのではなく、それぞれの商品で素材を細かく変えているのも特徴ではないでしょうか。ゆったりとした持ち手を採用していることが多く、たっぷりと収納できる機能性も持たせたバッグアイテムが多くを占めています。

素材とカラーバリエーションの豊富さが魅力

Paul Stuart(ポール・スチュアート)はこれまでに数多くのバッグを商品としてリリースしてきました。

種類も多彩ですし、ショルダーバッグやトートバッグ、ブリーフケース、クラッチなど実にさまざまなバッグアイテムをリリースしていることが理解できます。

カラーバリエーションも豊富ですが、基本的にブラックやホワイトの無地をベースとしていることが多い傾向にあります。ほかにもグレーやベージュ、オフホワイトといったカラーもるので、カラーバリエーションの豊富さも魅力の一つと言えるでしょう。

Paul Stuart(ポール・スチュアート)がリリースしているバッグはどれも収納性に優れており、たっぷりと物を収納できるだけの大きさを持たせています。

もちろん、商品によって大きさはまちまちですが、機能性や収納性という部分にもきちんと配慮しているあたりは、さすが世界のトップブランドと言えるでしょう。

バッグアイテムに使用している素材もまちまちで、ナイロン素材を用いているものもあれば牛革、レザー、綿にポリウレタンコーティングなど実に多彩です。商品ごとにマテリアルを細かく変更しているのも特徴であり魅力と言えるでしょう。

トップブランドなのにバッグはお値打ち

Paul Stuart(ポール・スチュアート)は数多くのバッグを商品として扱っていますし、販売価格を一概に記述することはできません。

代表的なものだと、同ブランドのアイコンであるパケモチーフを使用したトートバッグだと22,000円前後で取引されています。人気のレザークラッチは24,000円弱、ナイロンショルダーバッグは28,000円弱で販売されています。

Paul Stuart(ポール・スチュアート)といえば世界に名だたる高級ブランドとして知られていますが、意外にもバッグはお値打ちな価格で販売されていることが理解できます。

Paul Stuart(ポール・スチュアート)のバッグは公式オンラインショップでも購入可能なので、近くに店舗がないという方は公式サイトからオンラインショップの利用が便利でしょう。

また、Paul Stuart(ポール・スチュアート)のフラッグシップストアが東京都渋谷区や中央区銀座などにあるのでそこでも購入可能ですし、全国各地のデパートや百貨店にも店舗があるのでそこで購入できます。

新品でなく中古品だと大手インターネット通販サイトでも商品の取扱いがあるので、気になる方はチェックしてみましょう。

クリーニングが高額査定のポイント

Paul Stuart(ポール・スチュアート)のバッグを買取してもらうときにどれくらいの値がつくのかが気になる方もおられるでしょう。

Paul Stuart(ポール・スチュアート)は数多くのバッグをリリースしていますし、アイテムごとに買取価格は異なるため一概に断言することはできません。

ただ、Paul Stuart(ポール・スチュアート)は人気の高いトップブランドですし、そのバッグですから状態や発売時期によっては高値で売却できる可能性は高いでしょう。定価の半額以上で買取ってもらえることもあるやもしれません。

Paul Stuart(ポール・スチュアート)のバッグを少しでも高く売却したいのなら、査定を受ける前にクリーニングすることを忘れないようにしましょう。

買取ったお店でもクリーニングはするでしょうが、汚い状態でもちこまれたものだと大切に扱われていなかったバッグだと思われてしまいます。

査定額にも影響するでしょうから、できるだけ見た目をキレイな状態にして持ち込むことが高額査定に結びつきやすくなります。

また、ブランド買取の専門店に持ち込むことでより高値がつきやすくなるでしょう。

ポール・スチュアート【Paul Stuart】のバッグの特徴と買取相場のまとめ

Paul Stuart(ポール・スチュアート)のバッグは日本でも高い人気を誇っているので、高値で売却できる可能性は十分あります。ブランド買取の専門店ならきちんと査定してもらえるので、クリーニングしてから査定を受けるようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. ヘルノ【HERNO】の財布の特徴と買取相場は?
  2. シップス【SHIPS】の腕時計の特徴と買取相場
  3. スターウォーズ【STAR WARS】のR2-D2のフィギュアの特徴と買取相場。ス…
  4. ビューティフルピープル【beautiful people】の財布の特徴と買取相場…
  5. バットマン【BATMAN】のベインのフィギュアの特徴と買取相場。高度な知性と体力…

関連記事

  1. アクセサリー

    ポール・スチュアート【Paul Stuart】のアクセサリーの特徴と買取相場

    Paul Stuart(ポール・スチュアート)のアクセサリーの特徴は繊…

  2. ポール・スチュアート

    ポール・スチュアート【Paul Stuart】の財布の特徴と買取相場

    Paul Stuart(ポール・スチュアート)の財布の特徴は気品漂う上…

  1. イッセイミヤケ

    イッセイミヤケ【ISSEY MIYAKE】のバッグの特徴や買取相場は?
  2. アバクロンビー&フィッチ

    アバクロンビー&フィッチ【Abercrombie&Fitch】の腕時計…
  3. アンダーカバー

    アンダーカバー【UNDERCOVER】のバッグの特徴と買取相場
  4. トミーヒルフィガー

    トミーヒルフィガー【TOMMY HILFIGER】のバッグの特徴と買取相場につい…
  5. エリントシーカー

    超時空要塞マクロスのVE-1エリントシーカーのフィギュアの特徴と買取相場。統合軍…
PAGE TOP