バッグ

マックハウス【Mac-House】のバッグの特徴と買取相場

Pocket

Mac-House(マックハウス)のバッグの特徴は流行を取り入れつつカジュアルな服装に合わせやすいことで、若い男女に人気の商品です。

リーズナブルな衣料品を扱うチェーン店Mac-House(マックハウス)

Mac-House(マックハウス)は、株式会社チヨダの子会社として1990年に設立されました。1996年には全国47都道府県への出店を果たし、2017年10月現在は全国に413の店舗を展開しています。

Mac-House(マックハウス)は比較的低価格のバッグや服飾アイテムを扱っていますが、景気の先行きが不透明な中、消費者の衣類に対する支出は伸び悩む時代となっています。

Mac-House(マックハウス)では、店舗を合併させて大型化、品揃えを強化する一方で、衣料品以外の生活必需品を扱うことで顧客のニーズに応えるなどの大胆なリニューアルを決行し、1,000円以下の手ごろな商品を多く取りそろえるなどの工夫を行った結果、最近では売り上げが回復しています。

Mac-House(マックハウス)が取り扱うアイテムとしては、ジーンズに特に力を入れています。リーバイスやエドウィン等の有名ブランドも扱う一方で、自社ブランドも充実させています。

その他の衣料品も、カジュアルな装いを中心に、流行も取り入れながら手に取りやすい品揃えを行っています。

また、自社製造の手ごろな価格の衣料品を扱う店との差別化として、仕入れ元の間での競争を促し、よりよい製品がより手ごろに手に入る店を目指しています。

カジュアルに気軽に持ち歩ける、Mac-House(マックハウス)のバッグ

Mac-House(マックハウス)が取り扱うバッグは、同社の基本的なイメージである「日常的なカジュアルな装い」にマッチする、手ごろで使い勝手のよいアイテムが中心となっています。

ラインナップの多くを占めるのは、シンプルな形のトートバッグやリュックサックです。素材はコットンやポリエステルなど、扱いやすいものが多くなっています。

全体的にはシンプルなものが多いのですが、中には多少くせの強いデザインもあり、カジュアルファッションで他の人に差をつけたい場合に個性的なアイテムを探しに行くのもお勧めです。

バッグに関してはメーカー品も多く、

  • アメリカのシューズ製造会社”Converse”
  • 株式会社キャロットカンパニーの人気ブランド”Anello”
  • イタリア発祥の衣料メーカー”FILA”
  • アメリカのワークカジュアルブランド”Dickies”

なども取り扱っています。これらの中にはMac-House(マックハウス)での限定販売となっているものが多いのも特徴です。

Mac-House(マックハウス)のバッグは、実店舗や公式サイトで購入が可能

Mac-House(マックハウス)のバッグは、各店舗の他、公式サイトのオンラインショップでも購入が可能です。近年の店舗統合により、各店舗での取扱数も増え、より多くの選択肢の中から選ぶことができるようになっています。

Mac-House(マックハウス)が扱っているメーカー品のリュックサックも5,000円前後とリーズナブルですし、コットンのトートバッグは、人気のキャラクターがプリントされたものなど流行を追いながらも、1,000円を切る手ごろな価格のものも多く、安定した人気を誇っています。

また、インターネットショップとしては、楽天市場やAmazon 等の通販サイトにも店舗を持っており、最新アイテム以外の掘り出し物を見つけるには、これらのサイトも訪れてみる価値はあるでしょう。

メーカー品に関しては、アイテムによっては他のセレクトショップ等でも入手可能なものもありますが、メーカー品の中にも「Mac-House(マックハウス)でしか手に入らない」ものがあるというのは大きな強みであるといえます。

限定アイテムというと多少高額になるというイメージがありますが、Mac-House(マックハウス)ではあくまでも基本的にはリーズナブルな価格で提供しています。気軽に使えるバッグを探す上で適した環境を提供しています。

定価が安い分、査定は期待できない?

Mac-House(マックハウス)で扱われているバッグの査定を考える場合は、カジュアルなグッズを多く扱う業者にコンタクトを取るのがよいでしょう。

もともとが手ごろな価格で気軽に使えるアイテム揃いではありますが、買取を考えるのであれば、やはりコンディションは重視される項目です。

普段から大切に使うことが、より高額の査定を得るためには大切でしょう。

Mac-House(マックハウス)のバッグには、流行を追ったデザインも多少はありますが、基本的にはシンプルで何にでも合うものが多くなっています。

手ごろな価格であるとはいえ、ここでしか手に入らないアイテムは、好きな人にとってはぜひとも手に入れたいと思うものかもしれません。

使わなくなったバッグも、元がリーズナブルな価格だったからと処分を考えるのではなく、次に使ってくれる誰かとの橋渡しという意味でも、独特の価値を理解してくれる業者との出会いが重要であるといえます。

マックハウス【Mac-House】のバッグの特徴と買取相場のまとめ

カジュアルなファッションに欠かせない、シンプルでリーズナブルなバッグ。Mac-House(マックハウス)では、個性的なアイテムも含めたアイテムが手に入ります。手放すことを考える場合は、カジュアルアイテムの取り扱いに長けた業者に委ねてみましょう。

ピックアップ記事

  1. スターウォーズ【STAR WARS】のジャンゴ・フェットのフィギュアの特徴と買取…
  2. キャサリンハムネット【KATHARINE HAMNETT】の腕時計の特徴と買取相…
  3. スターウォーズ【STAR WARS】のカンティーナ エイリアンズのフィギュアの特…
  4. テンサウザンドシングス【TENTHOUSANDTHINGS】のアクセサリーの特徴…
  5. グローバルワーク【GLOBAL WORK】の腕時計の特徴と買取相場
  1. バッグ

    ピエール・エルメ・パリ【PIERRE HERMÉ PARIS】のバッグの買取相場…
  2. アツロウタヤマ

    アツロウタヤマ【ATSURO TAYAMA】の財布の特徴と買取相場
  3. ステラ マッカートニー

    ステラ マッカートニー【STELLA McCARTNEY】の財布の特徴と買取相場…
  4. サルヴァトーレ フェラガモ

    サルヴァトーレ フェラガモ【Salvatore Ferragamo】の腕時計の特…
  5. シャムシェル

    新世紀エヴァンゲリオン(EVANGELION)のシャムシェルのフィギュアの特徴と…
PAGE TOP