アイアンマン

アイアンマン【Iron Man】のスペリアー・アイアンマンのフィギュアの特徴と買取相場。日本ではなじみの薄いキャラクター

Pocket

Iron Manアイアンマンのスペリアー・アイアンマンの特徴は反転したアイアンマンで、アメコミファンに人気の商品です。

スペリアー・アイアンマンが登場する作品は?

スペリアー・アイアンマンは同名のコミックスに登場するキャラクターです。

AXIS効果と呼ばれる自身の気質が反転する現象の影響を受け、様々なヒーローやヴィランが元々のキャラクターからはありえないような言動・行動をするようになるという事件が起きます。

事件が解決した後、ほとんどのキャラクターは元通りになるのですが、Iron Manアイアンマンであるトニー・スタークは元に戻ることを拒みました。

反転したままのトニーは、サンフランシスコにエクストリミス3.0というテクノウィルスをばらまきます。

エクストリミス3.0はトニーの会社が提供するスマホアプリによって活性化され、使用者の見た目や健康状態を最高の状態にするという効果があり、瞬く間に街中に広がりました。

しかし、しばらくすると無料お試し期間が終了し、継続して使用するためには毎日高額な費用を課金しなければいけないという仕組みになっており、課金費用欲しさに犯罪に走る人が現れたり、貧困層への差別が始まったりと治安が悪くなっていきました。

そのような状況の中でトニーが作った新しいスーツは全身シルバーのスーツでした。

劇中では特にスペリアー・アイアンマンと呼ばれることはないようですが、キャラクターとしてのスペリアー・アイアンマンのビジュアルはこのシルバーのスーツと言っても良いでしょう。

スペリアーは上位の、優れたという意味の”superior”という形容詞ですが、あまり良い意味で使われているわけではないようです。

スペリアー・アイアンマンのフィギュアはまだ少ない

残念ながら、スペリアー・アイアンマンの日本での認知度は低いです。

そもそもアメコミは日本では映画化されたものしか知らないという人も多く、Iron Manアイアンマンのストーリー自体も知らないという人もいます。

原作コミックのIron Manアイアンマンは一度完結し、続編としてスペリアー・アイアンマンが連載されていましたが、日本ではIron Manアイアンマンよりもアベンジャーズやシビル・ウォーなどが話題になっており、原作コミックを読んでいる人以外はほとんど知らないというような状況になっているのです。

日本で認知されていないのは、スペリアー・アイアンマンがまだ映画化されていないためです。

フィギュアが作られているスーツは映像化されているものばかりなので、映画化もしくはアニメ化されればスペリアー・アイアンマンのフィギュアも販売されるかもしれません。

現在販売されていることが確認できるのは一種類のみで、同じマーベル作品のマシンマンとセットで販売されている約10cmのアクションフィギュアです。

原作コミックが同梱されていて、劇中シーンの再現をすることも可能です。

特別なセットなのでお得感あり

現在販売されているスペリアー・アイアンマンのフィギュアはマシンマンとセット販売されている10cmのフィギュアのみと思われます。

通常の10cmサイズのフィギュアの相場は1,000~2,000円程度です。

このセットはフィギュア2体と原作コミックが同梱されていて、定価は3,900円です。

フィギュアだけだと少し高く感じるかもしれませんが、コミックスが同梱されているため実際にはお得感があります。

2016年に発売された商品ですが、専門のネットショップなどではまだ新品が手に入ります。

あまり一般向けではない商品なので、実店舗で販売していることはほとんどないでしょう。

どうしても実物を見たいなどの特別な理由がない限りは、ネットショップで購入することをおすすめします。

スペリアー・アイアンマンが欲しい、というのであれば他にフィギュアの選択肢もないので、販売しているお店を見つけられたらすぐに購入してしまった方が良いでしょう。

認知度が低いので査定は今後に期待

スペリアー・アイアンマンはまだ日本での知名度がかなり低く、フィギュアも一般の店舗では取り扱われていません。

そのため買取実績のない店舗が圧倒的に多く、相場というものが存在しません。

そもそも買取店でも扱ったことがなければ買取価格の相場もわかりませんし、人気があるキャラクターというわけでもないので高値になることはないでしょう。

また定価が3,900円と安いので、他の同価格帯のフィギュアの買取価格を考慮すると、数百円~2,000円程度での買取になるかと思います。

買取スタッフがスペリアー・アイアンマンやマシンマンを知らなければ、タダ同然になる可能性もあります。

少しでも高く売りたければ、アメコミに詳しい専門店に持ち込むのがおすすめです。

どうしても売りたい場合は他のIron Manアイアンマンシリーズのフィギュアとセットで販売したり、スペリアー・アイアンマンの登場する原作コミックなども同時に持ち込むなど、工夫が必要かもしれません。

アイアンマン【Iron Man】のスペリアー・アイアンマンのフィギュアの特徴と買取相場。日本ではなじみの薄いキャラクターのまとめ

スペリアー・アイアンマンは日本ではあまり知られていない上に、ストーリーの内容的にも映像化など国内でのメディア展開が期待できません。今後フィギュアが増えるということも考えにくいので、ある意味貴重なフィギュアかもしれません。売りたい場合は少し時期を待ってもいいと思います。

ピックアップ記事

  1. ディースクエアード【DSQUARED2】の財布の特徴と買取相場
  2. サルヴァトーレ フェラガモ【Salvatore Ferragamo】のバッグの特…
  3. テンサウザンドシングス【TENTHOUSANDTHINGS】のアクセサリーの特徴…
  4. グローバルワーク【GLOBAL WORK】のアクセサリーの特徴と買取相場
  5. パブリックスクール【PUBLIC SCHOOL】のバッグの特徴と買取相場

関連記事

  1. アイアンマン

    アイアンマン【Iron Man】のペッパー・ポッツのフィギュアの特徴と買取相場。美人秘書の魅力

    Iron Man(アイアンマン)のペッパー・ポッツの特徴は名前の由来の…

  1. アクセサリー

    カナーリ【CANALI】のアクセサリーの特徴や買取相場は?
  2. フォレ・ル・パージュ

    フォレ・ル・パージュ【FAURE LE PAGE】の財布の特徴と買取相場
  3. スーパーマン

    スーパーマン【SUPERMAN】のゾッド将軍のフィギュアの特徴と買取相場。元はク…
  4. スターウォーズ

    スターウォーズ【STAR WARS】のテイナス・スパイジェックのフィギュアの特徴…
  5. ジュエリー

    ブルネロ クチネリ【BRUNELLO CUCINELLI】のジュエリーの特徴や買…
PAGE TOP