アルフレッド・ダンヒル

アルフレッド・ダンヒル【Alfred Dunhill】の財布の特徴や買取相場は?

Pocket

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)の財布の特徴はシンプルなデザインと使いやすい機能性で、40代以上の男性を中心に人気の商品です。

英国紳士に愛されるブランド

英国紳士に愛される世界的なファッションブランドと言えば、Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)です。

1880年に馬具専門の製造卸売業としてスタートしたダンヒルは、父親からアルフレッド・ダンヒルが事業を引き継いだことで、衣類やバッグなどのアイテムの製造に乗り出しました。

当時あまり普及していなかった自動車が、将来的にポピュラーな移動手段になることを予想して自動車関係のアイテムを売り出したのもAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)です。

創業当時は車関係のアイテムを多く取り揃えていたことから、ダンヒルモートリティーズという名前のブティックもありました。

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)と言えば、日本国内でも40代以上の男性を中心にビジネスバッグや靴などが人気ですが、Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)が革製品を中心に展開し始めたのは1920年ごろのことです。革製品の展開をきっかけに世界的な高級ブランドとして人気を博していくことになります。

現在ではバッグや靴だけではなく、スーツや財布、ネクタイやカフスなどのアイテムも揃っています。大人の男性というイメージが強いAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)ならではのデザインや機能性は、日本国内でも人気となっています。

カジュアルから高級感のある財布まで揃っている

英国紳士御用達のブランドとして世界的に人気となっているAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)といえばスーツやビジネスバッグなどをイメージする人も多いのですが、財布も展開しています。

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)の財布の中でも人気となっているのがベルグレイブやサイドカーシリーズ、シャーシシリーズなどです。

シンプルなカーフレザーを使用しているのがベルグレイブで、ラウンドファスナーの長財布やコンパクトな二つ折りの財布もあります。ビジネスにもカジュアルにも使用することができ、バイカラーがデザインのアクセントとなっている財布です。

もっと高級感のある財布が欲しいという人には、グレインドカウハイドレザーが使用され高級感溢れるサイドカーシリーズがおすすめです。財布の厚みは薄く、スマートに使用することができます。またカーボン調のレザーが特徴的なシャーシシリーズはシンプルな中に遊び心のある財布となっています。

財布の他にはビジネスで使用することが多いカードケースなども豊富に揃っており、財布やバッグとセットで揃えることができるようになっています。

本店や大手百貨店は定価で購入可能

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)の財布は東京、銀座の本店を始めとして、大手百貨店などで購入することができます。また公式オンラインストアでも購入することができるので、近くに実店舗がないという場合は便利に利用することができます。

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)の財布の相場としては、サイドカーシリーズのサイドカー4CCビルフォールド&コインパスケースの定価が43,200円(税込)、同じサイドカーシリーズの10CCコートウォレットは51,840円(税込)、シャーシシリーズのレザージップアラウンドコートウォレットは77,760円(税込)、シャシーレザーコインパースは27,000円(税込)となっています。

本店や大手百貨店では公式オンラインサイトと同じ定価で販売されていることがほとんどですが、セレクトショップやネットのインポートショップの場合は価格が変動することもあり、どこで購入するかで支払う金額に違いが出てきます。

使用感が強いと査定額はマイナスになる

新しい財布に買い替えたことで、これまで使用していたAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)の財布を買取査定に出したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)は世界的なファッションブランドであり、多くの買取業者で買取が可能となっています。特に財布などの小物は人気のアイテムとなっているので、買取業者も積極的に買取を行っています。

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)を買取業者に査定に出した場合の買取相場に関しては、財布の見た目や使用感などが重視されます。新品で使用していない状態であれば定価の6割~7割ほどと高い相場で買い取ってもらうことができ、使用していても美品であれば定価の3割~5割、使用感があると1割~3割ほどになります。

購入した時に付属していた箱や袋、ギャランティーカードがあると、査定額がアップする業者もあるので保管しておくようにするとよいでしょう。

財布は毎日使用するものなので、色あせやすれ、傷などが付きやすいのが特徴で、毎日大切に使っていても使用感はどうしても出てしまいます。

普段から柔らかい布でふくなどお手入れをしておくのもよいですし、買取業者に査定に出す場合は、無料査定を利用していくつかの業者に買取査定を依頼することで正確な買取金額を知り、比較することができます。

アルフレッド・ダンヒル【Alfred Dunhill】の財布の特徴や買取相場は?のまとめ

40代以上の男性を中心に人気のAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)の財布について紹介しました。人気のシリーズや使用感の少ないものは買取査定に出す際に査定額がアップすることがほとんどです。購入する時に査定額についても考えることで後々高く売却することができます。

ピックアップ記事

  1. ルイ・ヴィトン【LOUIS VUITTON】のアクセサリーの特徴や買取相場は?
  2. バットマン【BATMAN】のバットマンのフィギュアの特徴と買取相場。シリーズの主…
  3. ニナ リッチ【NINA RICCI】のバッグの特徴や買取相場は?
  4. スターウォーズ【STAR WARS】のレイのフィギュアの特徴と買取相場。女性ジェ…
  5. イッセイミヤケ【ISSEY MIYAKE】のバッグ”BAOBAO”の特徴や買取相…

関連記事

  1. アクセサリー

    ベルルッティ【Berluti 】のアクセサリーの特徴と買取相場
  2. バッグ

    ヒューゴ・ボス【HUGO BOSS】のバッグの特徴と買取相場は?
  3. バッグ

    パブリックスクール【PUBLIC SCHOOL】のバッグの特徴と買取相場
  4. 新世紀エヴァンゲリオン

    新世紀エヴァンゲリオン(EVANGELION)の渚カヲルのフィギュアの特徴と買取…
  5. スターウォーズ

    スターウォーズ【STAR WARS】のパッセル・アージェンテのフィギュアの特徴と…
PAGE TOP