アルフレッド・ダンヒル

アルフレッド・ダンヒル【Alfred Dunhill】のバッグの特徴や買取相場を紹介します!

Pocket

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)のバッグの特徴はシーンに応じて使い分けることができるデザインや機能性で、40代の男性を中心に人気の商品です。

イギリスを代表するファッションブランド

メンズ向けのファッションブランドの中でも世界的に有名なのが、Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)です。ダンヒルと言えば、ビジネス用の靴やバッグ、ネクタイなどをイメージする人も多いのではないでしょうか。

日本国内でもシンプルな中に高級感のあるデザインは40代の男性を中心に人気となっています。

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)はイギリスを代表するファッションブランドです。

1880年にバグ専門の製造卸売業としてロンドンで創業し、1893年にはアルフレッド・ダンヒルが父親から家業を受け継いだことで衣類や小物などの製造業も行なわれるようになりました。

将来、自動車が移動手段になることを予測して自動車旅行用品を売り出したのもAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)です。

自動車旅行用品が豊富に揃っていたAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)では、エンジン以外ならなんでも揃えていると表現されることもあり、Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)の商品の多くは自動車と威厳を組み合わせて作られた造語モートリティーズをコンセプトにしているものが多くあります。

メンズ向けのスーツや普段着に使用することができるカジュアルなどの衣類を中心にバッグや財布、靴やネクタイ、カフスやタイバーなどのアクセサリなどを展開しており、本店はロンドンにあります。

ビジネスバッグと言えば

Alfred dunhill(アルフレッド・ダンヒル)のバッグを愛用している人の多くは40代~60代の男性というイメージが強いです。

遊び心のあるバッグというよりも、好印象、シンプル、高級感などをイメージすることができるバッグがAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)に多いのが1つの理由と言えるのではないでしょうか。

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)のバッグの中でもAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)らしいと言えるのが、カドガンシングルドキュメントケースです。

イタリア製の真っ黒なブリーフケースで、本体の素材にはカーフスキンが使用されています。取り外し、調整が可能なショルダーストラップがついており、パソコンや書類などを入れても楽に持ち運ぶことができます。

ビジネスバッグとしては価格はやや高めですが、デザイン、機能性、そしてAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)のブランド力が人気の理由となっています。

同じ価格帯で出張や旅行などに使用しやすいのが、ガーズマンホールドオールです。大容量のバッグでナイロン製でできており、通常のビジネスバッグに比べると柔らかな手触りです。

バッグの底は丈夫に補強されているので、床や地面などにおかなければならない場合でも安心です。

銀座本店や大手百貨店で購入可能

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)の直営店は日本国内は東京の銀座に一店舗あるだけです。ですが、大手百貨店やセレクトショップなどでもAlfred dunhill(アルフレッド・ダンヒル)のバッグを多数取り扱っているので、比較的入手しやすいです。

また身近にAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)のバッグを取り扱っているお店がないという場合は、公式オンラインストアでも購入することができます。

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)のビジネスバッグは15万円台ぐらいから揃っているのですが、高額なものになると90万円台のバッグもあります。

先程紹介した、カドガンドキュメントケースやガーズマンホールドオールは定価15万円ほどで購入することができるバッグです。ビジネスバッグにしては高いなと感じる人も多いでしょう。

ですが、使いやすさや耐久性、そしてデザインなどを考えるとそこまで高いという印象はありません。この他にもカジュアルに使用することができるハムステッドリュックサックは13万円ほど、ショルダー型のポーチは9万円ほどで購入することができます。

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)と言えば、英国紳士に愛されているイギリスを代表する高級ブランドであり、比較的若い世代の男性はあまり選ばないという人も多いのですが、いつかはという男性も多く、ビジネスバッグを使用する男性の憧れの対象にもなっています。

流行に左右されにくい査定額

使用しなくなったAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)のビジネスバッグやカジュアルなバッグを買取査定に出した場合、どのくらいの査定額がつくのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)のバッグは、40代の男性を中心に人気のアイテムとなっており、人気の高いアイテムであれば買取業者も高い査定額をつけることがほとんどです。

買取査定額の相場としては、未開封、新品の状態で定価の6割~7割、使用していても状態がよければ定価の3割~5割、使用感のある場合は1割~3割程度が相場となっています。

基本的にAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)のビジネスバッグなどは流行に左右されることはほとんどないので、古い型のものでも査定額がつくのですが、見た目はとても重要で、スレや汚れ、破損などがあると査定額は下がってしまいます。

Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)のバッグを買取査定に出す場合は、いくつかの業者で無料見積もりを出してもらい、査定額を比較することで少しでも高く売却することができます。

アルフレッド・ダンヒル【Alfred Dunhill】のバッグの特徴や買取相場を紹介します!のまとめ

男性の中にはいつかはAlfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)のビジネスバッグが欲しいと憧れている人も多く、ビジネスバッグには幅広い価格帯があります。比較的購入しやすいものもありますが、買取査定に出す時はバッグの状態に査定額が左右されることがほとんどです。

ピックアップ記事

  1. 超時空要塞マクロスのVF-1Jバルキリーのフィギュアの特徴と買取相場。時代が変わ…
  2. ニューエラキャップ【NEW ERA CAP】のアクセサリーの特徴と買取相場
  3. スターウォーズ【STAR WARS】のボバ・フェットのフィギュアの特徴と買取相場…
  4. ジバンシー【GIVENCHY】の腕時計の特徴と買取相場
  5. ディースクエアード【DSQUARED2】のアクセサリーの特徴と買取相場!高級品が…

関連記事

  1. アルフレッド・ダンヒル

    アルフレッド・ダンヒル【Alfred Dunhill】の財布の特徴や買取相場は?

    Alfred Dunhill(アルフレッド・ダンヒル)の財布の特徴はシ…

  1. ジョンローレンスサリバン

    ジョンローレンスサリバン【JOHN LAWRENCE SULLIVAN】のバッグ…
  2. アクセサリー

    ルイ・ヴィトン【LOUIS VUITTON】のアクセサリーの特徴や買取相場は?
  3. ニナ リッチ

    ニナ リッチ【NINA RICCI】の財布の特徴や買取相場は?
  4. エンゲージリング

    ショーメ【CHAUMET】のエンゲージリングの特徴や買取相場は?
  5. バッグ

    メゾン キツネ【MAISON KITSUNÉ】のバッグの特徴と買取相場
PAGE TOP