アバハウス

アバハウス【ABAHOUSE】の財布の特徴と買取相場

Pocket

ABAHOUSE(アバハウス)の財布の特徴はシンプルさと機能性で、20代30代の男性に人気の商品です。

ABAHOUSE(アバハウス)の設立とビジョン

ABAHOUSE(アバハウス)は1978年からメンズカジュアルの販売を始め、1986年に”ABAHOUSE INTERNATIONAL”が設立されました。

ファッションにインターナショナルなライフスタイルと感性を提供し、グローバルなビジョンでの展開を提案しているブランドです。メンズの他、レディースカジュアルも取り扱い、常にファッションの最先端を見据えているブランドでもあります。

ABAHOUSE(アバハウス)の財布は機能性に優れ、デザインも重視した物が多いです。そして、素材が良いものですから、丈夫で長持ちするでしょう。

カード入れも充実していますから、クレジットカードや電子マネーで支払いをすることの多い20代30代の人達にとって使いやすいもので、ABAHOUSE(アバハウス)の機能性抜群のバッグの中に入れておきたいような物ばかりです。

ABAHOUSE(アバハウス)の機能性抜群の財布

ABAHOUSE(アバハウス)の財布は機能性抜群で、素材の良い物ばかりですから選ぶのにも迷ってしまうでしょう。

例えば、20代30代の男性に人気のステアレザーにスタッズを打ちこんだロックテイストのロングウォレットは、ラウンドジップなのでお札の出し入れがしやすく機能的です。

定価は50,760円とお安くはありませんが、レザーなので素材の良さから考えると妥当な価格といえます。カラーはブラックのみです。

また、クロコエンボスロングウォレットは、クロコ型押しのレザー使用の高級感たっぷりの財布です。丈夫なレザーで収納もたっぷりしています。定価37,800円も頷ける値段でカラーはブラックです。

このように長財布等が多いのが男性物の特徴でしょう。

男性は、カードやお札の収納の充実さに目を奪われがちですから、パッとすぐに収納入って多くのカードやお札を持ち歩けるような財布を持ちたいと言う人が多いようです。

ABAHOUSE(アバハウス)の財布は、このように機能性抜群な上に素材の良さも素晴らしい物なので人気の高さもよくわかります。

ABAHOUSE(アバハウス)の財布を買うのは

ABAHOUSE(アバハウス)の財布は大手百貨店、ショッピングセンター、駅ビル等で買えます。このような取扱い店は、ホームページに日本全国の店舗名、所在地が載っていますから、そちらを見てみましょう。

または、ブランド直営のオンラインショップ、大手通信販売でも取り扱っていますが、値段は変わりません。

ただ、手にとって選ぶたいというのであれば、店舗に行ってみると良いでしょう。店舗は洋服が主体ですから、服を買うついでに財布を一緒に買うというのもコーディネート出来て良さそうです。

その際は、店員によく相談すると良い提案をしてくれます。

オンラインショップは初めて使う場合、会員登録等が必要です。その際のやり方やオンラインショップの利用の仕方等は、「ショッピングガイド」というページがあり、丁寧に書いてありますから、分かりやすく便利です。

購入の手順、返品、交換について、商品の発送、お届け、送料、お支払の方法、ポイントの発行と使い方、クーポン、サイズ寸法、掲載商品、マイページの使い方等、クリックすると知りたいことが書いてあるぺージに飛ぶようになっていますから、知りたいことがすぐにわかって助かります。

ただし、書いてあることのみでは不安という場合はメールで相談もできますから、メールを送って相談して見るのも良いことです。専門のスタッフが丁寧に返信のメールを返してくれるでしょう。

このようなことから、店舗に買いに行くのも良いでしょうが、忙しくて行く時間がない場合はオンラインショップ等、品ぞろえの充実したところで買うとアフターケアも行き届き、気持よく買い物ができるでしょう。

状態によって高額査定の可能性も!

ABAHOUSE(アバハウス)の財布の買取相場は商品を一例にとってご説明します。

37,800円のクロコエンボスロングウォレットですと、買取額は7,500円前後でしょう。但し、状態によって、査定額はアップダウンしますから、要注意です。

もちろん、綺麗で新品同様でしたら、査定額は上がりますが、余りにもひどい状態ですと、査定額さえ出せないという最悪なことになる場合もあります。

そうならないためには、ふだんから綺麗に使った方が賢明ということです。よく、男性は後ろのポケットに長財布を突っ込んでいますが、そうすると、座った際に財布が型崩れしてしまいます。

査定等を考えず、ボロボロになるまで使い切るというのであればそれでもいいのでしょうが、査定してもらって良い額が出れば買取ってもらいたいと言う考えがあるのならば、そのような扱いはやめた方が良いです。

このように、使い方次第で査定額が上がるのであれば、上がる方向にいくように努力しましょう。少しでも良い額で買い取ってもらえれば、嬉しいものです。

買取額にちょっと足して新しい物を買ってもいいでしょうし、何か他のことにお金を使うのも楽しみが広がります。

ABAHOUSE(アバハウス)の財布はクロコエンボスロングウォレットがそうであるように、素材良し、デザイン良しの物ばかりですから、大事に使って査定額アップに期待しましょう。

アバハウス【ABAHOUSE】の財布の特徴と買取相場のまとめ

ABAHOUSE(アバハウス)の財布はシンプルな型で素材がよく、デザインもおしゃれで使いやすいものばかりです。普段から、なるべく綺麗に使って、使い飽きてしまったら、査定に出してもいいでしょう。綺麗な状態であれば、素材もデザインもいいので、査定額が期待できるかもしれません。

ピックアップ記事

  1. ボッテガ・ヴェネタ【BOTTEGA VENETA】のノットバッグの特徴と買取相場…
  2. タケオキクチ【TAKEO KIKUCHI】のアクセサリーの特徴と買取相場
  3. シップス【SHIPS】の財布の特徴と買取相場
  4. ハーディーエイミス【HARDY AMIES】の腕時計の特徴や買取相場は?
  5. キャサリンハムネット【KATHARINE HAMNETT】のバッグの特徴と買取相…

関連記事

  1. アバハウス

    アバハウス【ABAHOUSE】のバッグの特徴と買取相場

    ABAHOUSE(アバハウス)のバッグの特徴はシンプルさと機能性で、2…

  1. バッグ

    レイジブルー【RAGEBLUE】のバッグの特徴や買取相場は?
  2. ジャン=ポール・ゴルチエ

    ジャン=ポール・ゴルチエ【Jean Paul GAULTIER】のバッグの特徴や…
  3. ヴィヴィアン・ウエストウッド

    ヴィヴィアン・ウエストウッド【Vivienne Westwood】の財布の特徴と…
  4. バッグ

    ベルルッティ【Berluti 】のバッグの特徴と買取相場
  5. バッグ

    ロロ・ピアーナ【Loro Piana】のバッグの特徴や買取相場は?
PAGE TOP